幸せを運ぶ男 「むラッキー」の徒然日記

2015年1月26日 月曜日

トンド地区の家族を家庭訪問

歯科衛生士募集中のむらき歯科院長です

今日も、フィリピン歯科ボランティアのお話です

フィリピンの最貧困地区であるトンド地区の
2つの家族を家庭訪問させていただきました。
トンド地区の中には、自治区がたくさん存在します
その内のひとつの入り口です


一軒目は、家族父母子どもの3人で住む家族です




母親は25歳、子どもは6歳
父親の職業は、スカベンジャー
Scavengerとは、ゴミの中から利用できるものをあさる廃品回収者のことです


父親の収入は一日あたり200ペソ
収入はムラがあり、ほとんど入らない日もあるそうです
そのため、母親もベビーシッターをして副収入を得ています
インタビュー中も子どもを抱いていました
家族の月収入は、約8000ペソ
家は2畳位の広さで、夜はそこにマットをひいて三人で寝ます


部屋の入口のそばに水瓶があり、


その横には火鉢が置いてあり薪で料理をします


水瓶のある半畳くらいのスペースにはカーテンがあり、
そこで、鍋のような器の中にうんこやしっこをして
近くの川に捨てに行くそうです(川は驚くほど汚いです)



住んでいるその部屋は貸家だそうで、オーナーに家賃を月に1500ペソわたします
その辺りの家族はみんなそのオーナーに家賃を払うそうで、
こんなところで商売する人も居るんだと知りました
電気代が1500ペソ
残りの5000ペソのうちの70%が食べ物代
10%が水を買うお金だそうです
ほとんどお金は残らないので、余暇に使うお金はありません
休日の楽しみは何ですかと聞いたら、教会へ行くことだそうです
子どもは一人で十分なので、今はピルを飲んでいて
子どもの夢は、モデルか教師になることだと言ってました
お母さんに、自分の夢は何ですか、と聞いたら
もう一度勉強して、学校を卒業したいと言ってました(感動)
もしお金がたくさんあったらどうしますか?という問いには
家を立ててここから(トンド地区)出たいと言われていました。
ここからは、歯の話
歯磨きは、一日3回してるそうです、でも子どものお口の中はほとんどの歯が虫歯です
子どもが、痛がったら近くにある国の施設のヘルスセンターに連れて行くそうです
でも、いつもDrが居るわけではなく、薬も不足していることもあるそうでした。
歯ブラシは、1本50ペソくらいで、3~4ヶ月に一回替えるそうです
想像を超える生活環境でしたが、それでも子どもたちの笑顔はキラキラ輝いていました。






投稿者 医療法人むらき歯科医院

新着情報

一覧を見る

2015/10/10

11月7日(土)は、セミナーのため院長不在となりますが、通常診療致します。

2015/02/24

3月20日(金)は、研修旅行のため休診致します。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

2015/01/24

2月7日(土)・9日(月)・10日(火)は三宅医師不在、21日(土)午後はセミナーのため院長不在となりますが、通常診療致します。

2015/01/21

1月23日(金)・24日(土)は、海外ボランティアのため院長不在となりますが、通常診療いたします。

大きい地図を見る住所〒719-1156
岡山県総社市門田364-12
診療時間9:00〜12:30/15:00〜18:30
(火曜11:30、水曜17:30、土曜16:30まで)
定休日:木曜・日曜・祝祭日
お待たせしないためにも電話予約をおすすめします 0120-259-078(ニッコリきれいな歯) TEL.0866-93-9876

お問い合わせ 詳しくはこちら