HOME > 歯周病治療・予防歯科
歯周病治療・予防歯科のイメージ
歯周病は放っておくとどんどん悪化します。予防が最大のポイントです。

歯周病の恐れがある症状や予兆はどのようなものがありますか。

歯周病を放っておくと、どんどん悪化していくと聞きますが、軽傷から重傷まで、どのような症状になってしまうのでしょうか?

歯周病は、歯と歯茎の間のポケットに、プラーク(歯垢)が溜まり、それに含まれる細菌が原因で発症する病気です。歯周病にかかったときのサインとして、歯磨きのときに出血したり、歯茎が腫れやすいといった症状があります。
これを放っておくと、歯茎が下がることで歯がグラグラしてきたり、膿が出てきたりと、慢性的に自覚症状が現れてきます。
対策としては、歯磨きで出血し始めたときなど、ちょっとでも気になったらすぐに歯科医院に相談することが大切です。歯周病にかからないためにも、定期的に歯科医院に通い歯垢や歯石をクリーニングで取り除くなど、日頃から検診を受けることをおすすめします。

お口のメインテナンスについて

チェック1
治療だけでは歯が残らない

歯は、高齢に近づいていくうちに減少していきます。若いうちから定期健診を受けていると、将来自分の歯を多く残せるということが統計的にも明らかになっています。

チェック2
大人になって歯を抜く主な原因は虫歯ではない?

40歳以上で歯を抜かざるをえない主な原因は歯周病です。
歯周病は、痛みがなく本人が気づかないうちに進行するため、虫歯だけでなく歯周病予防のためにも定期健診が重要です。

チェック3
お口の中のクリーニングだけで歯医者に行ってもいいの?

「虫歯もないのに歯医者さんには行ってはいけない」と思っている方が多いようです。
今までの日本は、痛くなったときに歯医者にかかるのが普通でした。その結果、80歳で9本しか歯がなくなっているようなこともよくあります。歯石を取るだけでも歯医者を利用していただいて大丈夫です。
完璧に歯を磨くことはなかなかできません。歯の汚れはだんだん硬くなり、歯の表面にこびりついて汚れが取れにくくなってきます。この汚れの膜のことを「バイオフィルム」といいます。
メインテナンスで重要なのは、この「バイオフィルム」を完全に除去し、歯の表面をつるつるにすることです。
これからは、病気になってから歯医者を利用するのではなく、健康を守るために上手に歯医者を利用する時代です。

Healing & Beautyについて

Healing & Beautyについてのイメージ
当院2階の 「Healing & Beauty」 は、健康と癒しをテーマにしたサロンです。
バリから取り寄せた家具やインテリア、心地よい音楽と香りに包まれながら、心からリラックスできる空間となっています。
ここでは、お口のクリーニング・歯茎マッサージ・歯のホワイトニングなどの施術を行っております。むらき歯科医院自慢のデンタル・ケア・サロンで、癒しの時間をお過ごしください。

画像をクリックすると、拡大画像が閲覧できます。

Healing & Beautyのイメージ01
Healing & Beautyのイメージ02
Healing & Beautyのイメージ03
Healing & Beautyのイメージ04
Healing & Beautyのイメージ05
Healing & Beautyのイメージ06
Healing & Beautyのイメージ07
Healing & Beautyのイメージ08
Healing & Beautyのイメージ09
Healing & Beautyのイメージ10

新着情報

一覧を見る

2017/07/31

お盆休みのお知らせ
8/13(日)、8/14(月)、8/15(火)は休診とさせて頂きます。
尚、8/10(木)、8/17(木)は診療しております。

2017/06/17

院長不在となりますが通常診療いたします。

2017/04/15

院長研修のため休診とさせていただきます。

大きい地図を見る住所〒719-1156
岡山県総社市門田364-12
診療時間9:00〜12:30/15:00〜18:30
(火曜11:30、水曜17:30、土曜16:30まで)
定休日:木曜・日曜・祝祭日
お待たせしないためにも電話予約をおすすめします 0120-259-078(ニッコリきれいな歯) TEL.0866-93-9876

お問い合わせ 詳しくはこちら